ハウスダストとは・・・・・

カーペットを「カービーG6」にて清掃すると・・・・・
(一般家庭・ペット(犬)あり・2年使用のカーペット)

ハウスダストとは室内にたまるホコリのことです。
例えば、チリ、ホコリ、ダニやダニの死骸やフン、繊維のクズ、食べかす、犬や猫(ペット)の毛等、人の毛髪・ふけ・垢、植物の花粉や胞子、たばこの煙粒子、工場からの煙、自動車の排気ガスなどがあげられます。

日本人の3人に1人はアレルギー
最近、アレルギー体質の方が増えています。その原因のひとつはハウスダスト。このハウスダスト1gの中には、なんとダニ(死骸を含む)が、数100匹〜1万匹もいるのです。
これが、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、小児喘息などを引き起こしたりします。そこで、ダニをいかに取り除くかが、アレルギーの予防と治療には不可欠なのです。

「家ダニを少なくすることが一番重要」
(吉見充徳 先生/同愛記念病院

ダニの最も繁殖しやすい環境 = 温度…25度 湿度…60%

私達人間は、快適に生活をするために年中エアコンで室内気温を一定に保ち、家屋の隙間を無くして、アルミサッシなどを使用し、密閉製の高い住宅環境を作ってきました。
実は、そのことは私達のみにあらず、ダニにとっても絶好の繁殖し易い環境を作り出してしまったのです。

私達人間が快適に生活をする環境を作ると 同時にダニが繁殖し易い環境も作られます。

ダニについて
ダニの種類と被害

 

チリダニ

ツメダニ

コナダニ

卵→成虫

約1ヶ月

約2週間

約10日

発生原因
 

湿度60%以上の環境下でフケやアカなどのエサがある

湿度70%以上の環境下で生きたダニや昆虫を捕食できる

湿度70%以上の環境下でカビや食品がある

被害症状

 

アレルギー性喘息
鼻炎眼炎
(アトピー性湿疹)

アレルギー性皮膚炎
      (刺咬症)

 

ダニが動いて見えるのが
不快感

 

被害時期


 

喘息発作は春と秋に
多い。但しダニ数の
ピークは7〜9月

 

ツメダニ数がピークに
なる7〜9月


 

6〜8月、但し湿度の
高い家では冬季も発生


 
         (消費者のひろばより 東京都立衛生研究所主任研究員 吉川 翠)

私達の家の中には一体どれくらいのダニがいるでしょうか。

 

表面のダニ数(匹)

内部のダニ数(匹)

ダニの種類


(1u)

 

50〜1,000匹


 

100万〜1千万匹


 

チリダニ75%
イエササラダニ15%

ツメダニ5% その他5%

カーペット
(1u)

5,000〜1万匹
 

10万〜200万匹
 

チリダニ98%
ホコリダニ1%その他1%

ふとん
(1u)


 

50〜300匹



 

10万〜3億匹



 

チリダニ80%
ホコリダニ16%

その他4%
 

いまや日本人の3人に1人がアレルギー
アレルゲンワースト5 現代では日本のアレルギー発症人口は、およそ人口の1/3にあたる約4200万人と言われています。
アレルギーとは、身体を守るための免疫機能に異常が生じて起こる病気で、アレルギーの三大疾患としてアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息があります。
アレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)は、ダニや花粉などの微粒子が大半です。
これらアレルゲンを減少させるためには、毎日こまめに清掃することが大切です。
「カービーG6」はこのダニやハウスダストを驚異的に捕獲します。

元凶は、タニたんぱく

ダニやカビの胞子などが吸引アレルゲンとして体内に入り込み、アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー諸疾患を引き起こします。特にダニは、生きていようが死骸であろうがたんばく質がアレルゲンとなります。これが掃除機に吸い込まれてのち、フィルターを通り抜けて排気とともに空気に漂いはじめると厄介です。

それを防ぐには、ミクロン単位の粒子も捕らえられる超気密なフィルターに頼らなければなりません。それには、「カービー」のような高性能なフィルターが絶対に必要です。フィルター性能と強い吸引力を同時に望むことは、残念ながら国産の家庭用掃除機にはできません。

日本アトピー協会 専務理事 後藤田 育弘      日本アトピー協会 専務理事 後藤田 育弘

※「カービーG6」は日本アトピー協会がハウスダストおよび ダニ対策に奨励する商品です。

         

MENU |  カービー物語 |  世界が認めるカービー・クリーナー |  ユーザーの声/ホテル・旅館
カービーG6・6大特長  |  ダニとアレルギー |  吸引力・集塵力比較 |  基本構成とオプション